よくあるご質問

逮捕されたら

当番弁護士について

被疑者弁護人紹介制度(当番弁護士)をご存知ですか?

もしあなたや家族が逮捕された場合でも、すぐ弁護士に面会を求めることができます。

富山県弁護士会では、逮捕された方の権利を守るため、被疑者弁護人紹介制度(当番弁護士)を設けています。

逮捕された方や家族などから連絡があれば弁護士が無料で面会に行き、
 ・事件のことや取調べのこと
 ・これからの手続きのことを説明いたします。

もちろん、ひき続いて弁護を頼むこともできますが、経済的に困っている方は弁護士費用の援助を申し出ることができます(刑事被疑者弁護援助制度)。

よくあるご質問(回答)

逮捕されたら

夫が警察に逮捕されました。どうすればよいでしょうか?

まず、弁護士に相談してください。現在あなたが不安に思っていることについてアドバイスしてくれたり、ご主人と面会(「接見」と言います。)に行ってくれたりしてご主人にもアドバイスをしてくれます。

心当たりの弁護士がいなければ弁護士会に当番弁護士の依頼をされると、遅くとも48時間以内に弁護士が警察署に接見に行ってくれます。

当番弁護士制度とは?

今後どうなるのでしょうか?

逮捕に引き続いて裁判所が勾留を認めると10日間身柄が拘束されます。(なお、さらに10日間延長されることもあります。)

原則としてこの勾留期限が終了する日に検察官は、

  1. 起訴(通常の裁判を裁判所に求めます。)
  2. 略式起訴(罰金刑を裁判所に求めます。
    裁判所は送致された記録を検討し、罰金刑を言い渡します。)
  3. 不起訴(処分をしない)
    のいずれかを行います。

身柄を拘束されている間、夫と会わせてもらえるのですか?

裁判官から弁護人以外との面会を禁止される接見禁止の処分がなされていなければ会わせてもらえますが、警察官などの立ち会いがつきます。

起訴された場合、身柄はそのまま拘束されるのですか?

はい。
この場合、

  1. 裁判所から保釈の許可を受けるか、
  2. 裁判で無罪または執行猶予の判決を受ける
    まで身柄を拘束されます。

保釈とは何ですか?起訴前に認められますか?

保釈とは、保釈保証金など一定の保証を条件として、被告人の勾留の執行を停止し、その拘禁を解く制度です。

この制度は、起訴前には認められません。

裁判所は、保釈を許可する場合、保釈保証金(通常「保釈金」と言われます。)の納付を命じ、これを納付すると釈放されます。

保釈金の額は、被告人の資力やその他の事情によって異なりますので、具体的なことは弁護士にお尋ね下さい。

国選弁護人は逮捕後すぐつけてもらえるのですか?

国選弁護人の制度は、①起訴される前と②起訴された後で異なりますので、分けてご説明します。

① 起訴される前
  • 逮捕後すぐにはつけてもらえません。
  • 逮捕から72時間以内に「勾留」という手続きに移行しますが、その段階に至り、かつ以下の条件に該当すれば、付けてもらえます。  
    (条件)
    1. 必要的弁護事件(死刑、無期懲役・禁固または長期3年を超える懲役・禁固に当たる事件)で勾留されたこと
    2. 勾留が継続していること(釈放されていないこと)
    3. 資力がないこと、または、資力がある場合弁護士会に私選弁護人の紹介を求めても私選弁護人がつかなかったこと
    4. 私選弁護人がいないこと
② 起訴された後

起訴された後は、上記cとdの条件があれば付けてもらえます。
ただし、必要的弁護事件(死刑、無期懲役・禁固または長期3年を超える懲役・禁固に当たる事件)の場合は、上記cの条件は不要となります。

弁護士を依頼すると費用はどれくらいかかるのですか?

平成16年4月に日弁連の報酬基準が廃止されましたので、依頼された弁護士との話し合いで費用を決めることになります。

この費用が払えない方のために刑事被疑者弁護援助制度がありますので、弁護士会ないし弁護士にお尋ね下さい。

当番弁護士について

当番弁護士制度とは?

警察に逮捕された人やその家族、友人、知人などが、直接に、または警察や裁判所を通じて弁護士会に連絡すると、その日の当番の弁護士が遅くても48時間以内に逮捕された人のところにかけつけて、いろいろな相談にのるという制度です。

逮捕された人にはなぜ弁護士が必要なのでしょう?

警察に逮捕された人は、不安で気も動転しているのが普通です。

そんな状態で、たった一人で警察の取調べを受けると、自分の言い分を正しく聞いてもらうことができない場合があります。これは、無実の場合はもちろん、犯罪を犯したことを認めている場合も同じです。

警察の取調べの前に、弁護士が逮捕された人の言い分を聞くことができれば、意に反する調書がつくられるのを防ぐことができます。

また、被害者と示談交渉を早く始めれば、裁判にならずにすむかもしれません。

弁護士を頼む時期は、早ければ早いほどいいのです。弁護士は、逮捕された人の力強い味方なのです。

当番弁護士は何をしてくれるのでしょうか?

当番弁護士は、連絡があればすぐに逮捕されている人のところに駆けつけます。

弁護士は、警察官の立ち会いなしに、逮捕されている人と面会できます。

そこで、逮捕されている人の権利、今後の刑事手続きの流れ、事件の見通しなどについて、法律の専門家としてアドバイスをします。その他いろいろな不安や疑問にも答えます。

また、家族や職場と連絡をとるなどの相談にものります。

費用はどうなるのでしょう?

当番弁護士の1回目の面会の費用は無料です。

その日だけ当番弁護士にアドバイスを受けて、後で別の弁護士を頼むこともできます。

2回目以降は通常の弁護費用がかかりますが、どうしても費用が負担できないときは、財団法人法律扶助協会が援助をする制度もあります(刑事被疑者弁護援助制度)。

どこへ、どんな風に頼めばいいのですか?

逮捕されている人は、警察官や検察官、裁判官などに「当番弁護士を頼みます」と言えばいいのです。

逮捕された人の家族・友人・知人・職場の同僚の方が弁護士会に「当番弁護士を頼みます」と電話をかけて申し込むこともできます。

富山なら休日でも留守番電話が備えてあります。

  • 富山県弁護士会 TEL: 076-421-4811
  • 高岡事務局 TEL: 0766-22-0765