お知らせ

「全国一斉生活保護ホットライン」を実施します(実施日:2018年12月18日)

2018.12.06

生活保護のうち、一般生活費として支給される生活扶助費については、2013年8月から2015年4月にかけて、平均6.5%、最大10%、前例のない幅で引き下げられました。その後、冬季加算も引き下げられるなどし、生活扶助費についても、さらに、本年10月に、平均1.8%、最大5%引き下げられました。このような相次ぐ生活保護費の引き下げにより、現実に必要な暖房費が賄えなくなるなどして、人命や健康に関わる事態の発生が懸念されています。

また、生活保護利用の要件が整っているにもかかわらず申請をさせてもらえないという事態は未だになくなっておらず(いわゆる「水際作戦」)、当会が毎週火曜日に実施している生活保護無料電話相談でも、生活保護利用の要件が明らかに整っていると思われるにもかかわらず、申請を拒絶されたという趣旨の相談が寄せられております。

そこで、当会及び日本弁護士連合会は、県民の皆様に生活保護に関する法的助言・援助の場を広く提供するとともに、生活保護行政の運用実態を把握するため、以下の要領で「全国一斉生活保護ホットライン」を実施することといたしました。

お気軽にご利用下さい。

実施内容
全国一斉無料電話相談
<特設電話番号> 0120-158-794 pdficon16pxチラシ
実施日時
2018(平成30)年12月18日(火)10:00~16:00
担当者
富山県弁護士会貧困問題対策委員会所属の弁護士
相談事項
生活保護に関する法律相談全般
相談方法
相談をご希望の方は、上記の特設電話番号に直接お電話ください(予約不要)。
なお、上記特設電話は、相談時間以外は通じません。
問合先
富山県弁護士会事務局(電話 076-421-4811)